ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

エフエム愛媛など6社が共同開発

「真鯛づくしの茶碗蒸し」11月3日から年内限定販売

2020年10月27日(火)(愛媛新聞)

6社が共同開発した県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」=26日午後、県庁

6社が共同開発した県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」=26日午後、県庁

県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」の発売を中村時広知事(右から4人目)に報告した関係者ら=26日午後、県庁

県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」の発売を中村時広知事(右から4人目)に報告した関係者ら=26日午後、県庁

6社が共同開発した県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」=26日午後、県庁

6社が共同開発した県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」=26日午後、県庁

県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」の発売を中村時広知事(右から4人目)に報告した関係者ら=26日午後、県庁

県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」の発売を中村時広知事(右から4人目)に報告した関係者ら=26日午後、県庁

 エフエム愛媛(松山市)など6社が県産養殖マダイを使った「真鯛づくしの茶碗蒸し」(378円)を共同開発し、11月3日から県内スーパーなどで年内限定で販売する。約5000個の予定で、新型コロナウイルスの影響で出荷が減った生産者を支援する。

 26日に県庁で販売報告会があり、エフエム愛媛の倉渕秀俊社長は「栄養も豊富」と説明。試食した中村時広知事は「具だくさんで、ぜいたく。県民にも茶わん蒸しを通して県産タイのおいしさを味わってほしい」と話していた。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。