愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

明治安田J3リーグ第26節

FC今治、踏ん張る アウェー藤枝戦0―0 修行が千金セーブ

2020年11月10日(火)(愛媛新聞)

【藤枝―FC今治】前半43分、果敢にゴールを狙うFC今治・山田(右)=8日、藤枝総合運動公園サッカー場

【藤枝―FC今治】前半43分、果敢にゴールを狙うFC今治・山田(右)=8日、藤枝総合運動公園サッカー場

 

【藤枝―FC今治】前半43分、果敢にゴールを狙うFC今治・山田(右)=8日、藤枝総合運動公園サッカー場

【藤枝―FC今治】前半43分、果敢にゴールを狙うFC今治・山田(右)=8日、藤枝総合運動公園サッカー場

 

 明治安田J3リーグは8日、第26節8試合を行った。FC今治は静岡県藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場で藤枝と対戦し、0―0で引き分けた。通算成績は10勝10分け6敗(勝ち点40)で順位は7位。

 FC今治は山田、福田、桑島らがシュートを狙つも得点できず、ドローに終わった。

 首位秋田は長野と0―0で引き分け、開幕から26戦無敗で勝ち点を62とした。長野は同46で熊本に代わって2位に浮上。相模原は福島と0―0で引き分け、勝ち点45の4位。讃岐はG大阪U―23と引き分けて15位。

 FC今治は次節、14日午後1時から、ありがとうサービス.夢スタジアムでYS横浜と対戦する。

 

 【評】FC今治は守備陣が踏ん張り、引き分けに持ち込んだ。

 立ち上がりから藤枝ペース。前半15分のCKからのピンチは修行が阻止。後半も防戦一方となり、ロスタイムにも修行が至近距離のボレーをファインセーブし窮地を救った。

 攻撃ではレオミネイロを軸にカウンターを仕掛け、16分には山田がシュートを放ったが1点が遠かった。

 

 [オーレ]

 【プラン崩壊も焦りなし】

 ボール保持を狙うも逆に相手にキープされて押し込まれる。ゲームプランが崩れる中、FC今治は守備陣の踏ん張りもあって勝ち点1を手にした。

 中盤を厚くする4―1―4―1の布陣で臨んだが、ワントップに入ったレオミネイロとMFの距離が開きがちとなり、効果的な組み立ては少なかった。「藤枝のプレスが強く、ポゼッションが難しかった」とリュイス監督。得意な形を封じられ、対応が後手に回った。

 最大のチャンスは前半43分のカウンター。丁のロングフィードからレオミネイロが競り勝ってGKと1対1に。ボールが流れて後ろにつなぐことになったが、最後は山田がしっかりシュートまで持ち込んだ。「ゲームプラン通りにいく試合はなかなかない。押し込まれながらも、自分たちの時間をつくることはできていた」(山田)

 2試合連続でスタメンをつかんだ平松も「(ペースを)握られる展開は慣れている。自分たちのサッカーができなくても焦りはなかった」という。J2昇格争いに絡むためには勝ちたかった試合だが、「アウェー戦を無失点で抑え、勝ち点1を持ち帰れることは好材料」と前向きに受け止める。

 うまくいかない試合でも、勝ち点1をつかみ取ることができるたくましさ。それがチームの強みであり、今季の成長の証しでもあるが、連勝は再び2でストップ。もう一歩突き抜ける姿を見せてほしい。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。