愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

聴覚や言語機能障害に対応

音声使わずスマホで119 宇和島圏域 12月スタート

2020年11月13日(金)(愛媛新聞)

消防隊員などと協力し、スマートフォンで「Net119」の登録を進める利用者

消防隊員などと協力し、スマートフォンで「Net119」の登録を進める利用者

実際に通報画面を出し、練習モードで操作する利用者

実際に通報画面を出し、練習モードで操作する利用者

消防隊員などと協力し、スマートフォンで「Net119」の登録を進める利用者

消防隊員などと協力し、スマートフォンで「Net119」の登録を進める利用者

実際に通報画面を出し、練習モードで操作する利用者

実際に通報画面を出し、練習モードで操作する利用者

 聴覚や言語機能に障害がある人を対象に、スマートフォンの画面から音声を使わず119番通報ができるシステム「Net119」の宇和島圏域での運用が12月1日に始まるのを前に、利用者説明・登録会がこのほど、宇和島市住吉町1丁目の市総合福祉センターであり、参加した約20人が利点などを学んだ。

 

 システムは宇和島地区広域事務組合消防本部など南予地域の5消防本部が「なんよNet119」として共同運用する。

 同本部によると電話以外の通報はファクスやメールで手書きや文字入力といった操作が必要だったが、同システムではスマホなどの画面をタッチするだけで通報できる。画面上に表示される「救急」「火事」といった項目を選択し、場所は衛星利用測位システム(GPS)の位置情報を利用して伝達する。

    真相追求 みんなの特報班

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。