愛媛新聞ONLINE

2021
127日()

新聞購読
新規登録
メニュー

J3第30節・29日

FC今治 今季初連敗 3位長野に0―1 開始3分で退場者

2020年11月30日(月)(愛媛新聞)

【長野―FC今治】前半、長野の猛攻を耐えるFC今治イレブン=長野Uスタジアム

【長野―FC今治】前半、長野の猛攻を耐えるFC今治イレブン=長野Uスタジアム

 

【長野―FC今治】前半、長野の猛攻を耐えるFC今治イレブン=長野Uスタジアム

【長野―FC今治】前半、長野の猛攻を耐えるFC今治イレブン=長野Uスタジアム

 

 明治安田J3リーグは29日、第30節6試合を行い、FC今治は長野市の長野Uスタジアムで長野と対戦。0-1で競り負け、今季初の2連敗を喫した。通算成績は12勝10分け8敗(勝ち点46)で順位を8位に下げた。

 FC今治は後半35分にCKから失点。これが決勝点となった。

 3位の長野は連敗を2で止め、勝ち点は2位相模原と1差の52。既に優勝を決め、前節に今季初黒星を喫した秋田は熊本を4―2で下した。

 FC今治は次節、12月5日午後1時から秋田市のソユースタジアムで秋田と対戦する。

 

 【数的不利 終盤まで耐える】

 J2昇格レースの生き残りを懸けた3位長野との大一番は、波乱の幕開けとなった。FC今治は試合開始3分で主将が退場。絶対的不利な状況に追い込まれたが、最大限もがいて見せた。

 まだボールが落ち着かない立ち上がり。楠美が最終ラインでボールを奪われ、取り返そうとしたタックルにレッドカードが出された。「早い時間に10人になると難しい。何とか耐えながら、一つ二つのチャンスをうかがうしかなかった」(園田)

 ただ、そのわずかなチャンスすら訪れない。前半のFC今治のシュートは0本。数的優位を生かす長野に一方的に押し込まれる展開に、リュイス監督は後半から勝負に出る。

 サイドハーフの玉城に「セカンドボールを拾って攻撃の起点をつくる」と狙いを指示し前線近くに配置。途中からワントップをキープ力に優れた林に入れ替え、攻撃力のあるサイドバック駒野を中盤で起用するなど、勝ち点をもぎ取るべくあらゆる策を用いた。

 結果的に状況打破には至らなかったが、流れの中では失点せず、後半35分まで勝負をもつれさせたことは評価すべきだろう。リュイス監督も試合終了のホイッスルが鳴ると同時に「下を向くな」と大きなジェスチャーを示し、選手をねぎらった。

 これで2位相模原との勝ち点差は7に開いた。しかし、まだ4試合残っており、園田は力強く語る。「可能性がある限り、最後まで諦めずに戦う」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。