愛媛新聞ONLINE

2021
124日()

新聞購読
新規登録
メニュー

需要低迷 生産者後押し

旬の宇和島ブリ安く コープえひめ県内12店で販売

2020年12月17日(木)(愛媛新聞)

新鮮な宇和島産のブリが並ぶコープえひめの応援販売=16日午前、松山市余戸中4丁目

新鮮な宇和島産のブリが並ぶコープえひめの応援販売=16日午前、松山市余戸中4丁目

 新型コロナウイルスの感染拡大で需要低迷に苦しむ宇和島市の魚類養殖業者の力になろうと、コープえひめ(松山市)は16日、県内12店舗で養殖ブリの応援販売を始めた。店頭には旬を迎えたブリの切り身などが通常より3割以上安い価格で並び、客が買い求めている。

 宇和島市は5月から展開する産地応援企画「#鯛(たい)たべよう」に関連し、「宇和島鯛しゃぶ、ブリしゃぶ」キャンペーンを始めた。市によるとブリの出荷ピークは年末で、コロナの影響で需要の落ち込みが懸念されるという。応援販売は、市の依頼を受けたコープえひめが5月のタイに続き実施している。

 応援販売は宇高を除く県内全店舗で20日まで実施する。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。