愛媛新聞ONLINE

2021
128日()

新聞購読
新規登録
メニュー

第48回愛媛新聞スポーツ賞

第13回男子ソフトボール U18ワールドカップ優勝 八木孔輝選手(17)=松山工業高3年

2021年1月1日(金)(愛媛新聞)

男子ソフトボールのU18ワールドカップに日本代表として出場し優勝した八木孔輝選手=2020年12月

男子ソフトボールのU18ワールドカップに日本代表として出場し優勝した八木孔輝選手=2020年12月

 初の世界大会で、日本の2大会ぶり3度目の優勝に大きく貢献した。4試合に先発し、決勝では前回王者のオーストラリア相手に2失点完投。4月から国内トップリーグのチームに進む右腕は「経験は今後、いろいろな場面で生きてくる」と、さらなる高みを見据える。

 12カ国が参加しニュージーランドで開かれた大会で、4人の投手陣の一角として、最速124キロのドロップボールを武器に予選から登板試合で無傷の3連勝。決勝は初回に1点を先制され、二回にもソロ本塁打を浴び「降板と思った」。だが、監督から続投を告げられ「うまく割り切ることができた」。三回以降は無失点に抑え、打線の反撃を呼び込んだ。

 高校最後の年は、新型コロナの影響で出場権を得ていた3月の全国選抜大会に続き、全国高校総合体育大会(インターハイ)も中止に。チームの目標だった日本一をかなえられず悔いもあるが、「世界大会で優勝でき、何か残せたという気持ちはある」。

 春からの舞台は日本男子リーグ。「すごい選手たちと戦えるのは楽しみだが、今のままでは通用しない。基礎からレベルアップしたい」。フル代表として世界と戦うという次なる目標へ、静かに闘志を燃やした。

    真相追求 みんなの特報班

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。