愛媛新聞ONLINE

2021
228日()

新聞購読
新規登録
メニュー

Bリーグ2部・3日

愛媛OV3連敗 山形に76―81 

2021年1月4日(月)(愛媛新聞)

【愛媛OV―山形】第4クオーター、シュートを狙う愛媛OV・俊野達(33)=伊予市民体育館

【愛媛OV―山形】第4クオーター、シュートを狙う愛媛OV・俊野達(33)=伊予市民体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は3日、伊予市民体育館などで8試合を行い、西地区7位の愛媛オレンジバイキングス(OV)は東地区6位の山形に76―81で敗れた。愛媛OVは3連敗。通算9勝17敗で順位は7位のまま。(観客294人)

 

 愛媛OVは序盤から接戦を演じ、エリスや小沢らのシュートで2点を先行して前半を折り返した。後半はフェルプスのシュートなどで優位に試合を進めたが、最終クオーターは相手の3点シュートが立て続けに決まり、逆転を許した。

 

 次戦は8日午後7時から、松山市総合コミュニティセンターで茨城と対戦する。

 

 

 

【失点のたび そがれる気迫】

 

 前日と同じような展開となり、またも終盤の競り合いで敗れた。愛媛OVはこれで3連敗。ホームでの勝利は昨年11月8日以来遠ざかっており、チームの雰囲気の落ち込みが懸念される状況だ。

 

 2日続けて相手の外国人選手が好調で、3点シュートが次々とリングに吸い込まれた。愛媛OVは、そこへの守備が不十分だったこと以上に、失点のたびに気迫がそがれる様子が目立った。全員が結束して悪い流れを断つべきところで、まとまりが見えてこない。主将の髙畠は「個々が点と点になり、つながっていない」と漏らす。

 

 ベテランの俊野達は「相手が終盤に勢いに乗り、点差以上に追い込まれていた」と振り返る。特に守備がなかなか修正できず、前日と同様、最終クオーターで逆転される展開に。個々のレベルの高低ではなく、チーム力の差を感じさせる連敗だった。

 

 髙畠は「負けが込んできて雰囲気は良くない。こういうときだからこそ、練習時からもっとコミュニケーションを取っていかないと」と指摘。俊野達は「ハードに守ってリバウンドを取る。そこから流れをつくって攻撃につなげる。守備からチームが一つになれるようにしたい」と、守備の立て直しを優先すべきだと考える。

 

 2人の意見に共通するのはチームの根幹に問題があるということだろう。雰囲気の悪さだけなら会心の勝利が一番の良薬だが、それが遠い状況。シーズンも中盤に差し掛かっている。ここは全員で一度立ち止まり、病巣にメスを入れる勇気がほしい。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。