愛媛新聞ONLINE

2021
31日()

新聞購読
新規登録
メニュー

1537点展示

新感覚の書風 力作多彩 県美術館で「書界展」

2021年1月21日(木)(愛媛新聞)

多様な作品がずらりと並ぶ第45回書界展=20日午後、松山市堀之内

多様な作品がずらりと並ぶ第45回書界展=20日午後、松山市堀之内

 伝統を踏まえて現代感覚を生かした書風を目指す「書界社」の第45回書界展が20日、松山市堀之内の県美術館で始まった。会員や小中高生らが手掛けた漢字や仮名、前衛書などの多様な作品1537点を展示している。24日まで。入場無料。

 

 最高賞の真鍋士鴻記念賞に輝いた桑原芳月さん(松山市)の作品「王恭詩」は、五言絶句の最初の7文字を大きく書いて新感覚で構成した作品。田坂修竹記念賞の相中玉扇さん(伊予市)の作品「李中詩」は、筆脈の流れが流麗で練度の高い作品となっている。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。