愛媛新聞ONLINE

2021
31日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新型コロナ

四国中央の老健 新たに4人発表 入所者と職員

2021年1月22日(金)(愛媛新聞)

 四国中央市上分町の医療法人健康会は21日、同会が運営する介護老人保健施設「アイリス」(同市上分町)で、入所者2人と施設職員2人の計4人がPCR検査により新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。同施設の感染者は20日発表分と合わせて累計12人(入所者8人、職員4人)。

 

 健康会によると、感染者と接触の可能性があった入所者と職員のPCR検査をした結果、21日正午までに4人の陽性が確認された。ほかに感染者と接触の可能性のある入所者と職員の検査を実施中。新規入所を停止する一方、通所、訪問系のサービスは継続する。

 

 健康会は20日、入所者と職員計9人が感染したとしてホームページで公表。うち入所者1人は抗原検査による判明で、21日に公表したPCR検査での感染者に含まれている。

 

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。