愛媛新聞ONLINE

2021
1027日()

新聞購読
新規登録
メニュー

山瀬理恵子の行ってこ~わい 愛媛食材で愛あるアス飯

⑱シイタケ 砥部産シイタケのリエット(砥部町)

2021年1月23日(土)(愛媛新聞)

 清流と自然に恵まれた砥部町広田地区では、昔からシイタケの栽培が盛ん。今回は建設業から農業に異業種参入し、地域再興や女性の雇用促進を志して菌床シイタケ栽培に踏み切った男性を訪ねた。

 

 

 

 

【建設業から異業種参入】

 

 広田地区にあるSANKI(砥部町玉谷)の代表取締役松永公一さん(57)は建設業を営んでいる。転機は2008年ごろ。「建設業は不要と言われた時代でした、県が異業種参入を推奨していたこともあり、農業の道を探りました」と松永さん。広田地区は過疎、高齢化が進み、地域の衰退を痛感していた。「女性の雇用の場を創り出せば、地域の再興につながるのではないか。安定雇用には屋内型産業がいい」と考え、菌床シイタケ栽培を決断した。

 

 本社横の工場では落葉広葉樹のおがくずから菌床を作り、培養までを手掛ける。おがくずをミキサーで混ぜて袋詰めし、殺菌処理した後、菌を注入。1日2200個以上作る。いくつもの工程を経た作業。「手間が掛かっていますね。目が離せないですか?」と山瀬さんが尋ねると、松永さんは「いや、ずっと離してます」とあっけらかん。気さくでノリがよく、すぐに山瀬さんと意気投合した。

 

 

 

 

【栽培工場「マドンナ達のきのこ園」 女性が輝く場に】

 

 次は栽培工場「マドンナ達のきのこ園」(同町満穂)へ。名前にもこだわりがある。愛媛が舞台の夏目漱石の小説「坊っちゃん」に出てくる「マドンナ」にちなみ「女性たちが輝く場に」との思いで名付けた。

 

 工場に入ると、地面から天井近くまで可動式の棚にびっしりと菌床ブロックが並ぶ。中では女性従業員の「マドンナ達」がはさみで小さいシイタケの間引き作業に勤しんでいた。「シイタケも密になるのを回避しています」。人もシイタケも元気でいるにはソーシャルディスタンスが大事なようだ。

 

 工場内は温度18度、湿度65%ほどで寒い時期はずっと入っていたい快適な環境。工場は複数の棟があり、シイタケの成長具合で場所が分かれている。出荷する大きさに育ったシイタケは傘が大きく根本もふっくらで重厚感たっぷり。SANKIはオリジナルブラド「媛の雫」として販売している。

 

 

 

 

【絶品!シイタケピザ】

 

 そんな肉厚シイタケを使った松永さんの得意料理はシイタケピザ。シイタケを生地代わりにし、好きな具を乗せてホットプレートで焼くだけ。「お酒のつまみになりそう」と左党の山瀬さんの目がキラリ。シイタケの傘の裏にみそを薄く塗り、サラミや高菜、ツナなどを乗せチーズを掛ける。町内の小学校で振る舞った際は子どものおかわりが続出したという。「これ本当に酒に合うんよ」(松永さん)とお酒好きの2人は大盛り上がり。

 

 そんな松永さんからのリクエストは「斬新なシイタケ料理」。これまでも難題に応えてきた山瀬さん、今回のマジックは?

 

 

 

【シイタケのうま味引き出す斬新料理】

 

 

 

 ロケ当日に購入したミキサーを携え、洋風料理を提案。シイタケは食物繊維が豊富で、日光に当たるとビタミンDに変化するエルゴステロールを含む。ビタミンDは免疫機能を高める働きがあるという研究結果があり、コロナ予防で注目を集めているという。また、カルシウムと同時に取るとカルシウムの吸収率が上がる。心の栄養素と言われるナイアシンが多く、アスリートのスーパーフードだ。シイタケのうま味を引き出すには60~70度が最適で、水から鍋に入れるのがよい。

 

 冷たい牛乳を入れた鍋にシイタケを投入。うま味成分のグルタミン酸が豊富な昆布やイノシン酸が多いツナ缶を入れ、ミキサーでかくはんする。パンに乗せればしゃれた洋風料理に大変身。松永さんは「うまい!シイタケの香りが広がる。ペーストだけでも食べられる」と高評価。牛乳の量を増やすとポタージュやパスタソースにアレンジできるといい、シイタケレシピの可能性が広がる一品になった。

 

 

 

【家で栽培できる!菌床ブロック】

 

 SANKIの菌床ブロックはインターネット通販で1個500円で販売している。家庭でできる育て方を松永さんに教わった。ビニール袋を被せ、ブロックの表面が乾かないように霧吹きを掛けるか水を張ったコップを近くに置いておくだけでいい。3カ月ほど次々にシイタケが生えてくるという。使い終わった後のブロックは堆肥として家庭菜園で使える。捨てる際は可燃ごみとして処分する。

 

 詳細はマドンナ達のきのこ園ホームページhttps://madonna-paradise.jimdofree.com/

 

 

 

 

【菌床シイタケ栽培セットを10人にプレゼント】

 

 動画を観てクイズに答えよう!正解者の中から抽選で10人にSANKIの「家庭用菌床シイタケ栽培セット」をプレゼント!ご応募をお待ちしています。2月17日午前11時59分締め切り。

 

※応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

 

 

 次は愛南町へ行ってこ~わい!

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。