愛媛新聞ONLINE

2021
121日()

新聞購読
新規登録
メニュー

愛媛新聞デジナビ vol.53

「山瀬理恵子の行ってこ~わい」第18弾 砥部町・菌床シイタケ 第19弾 愛南町・愛南かき

2021年2月10日(水)(愛媛新聞)

シイタケを使ったアレンジ料理を完成させた山瀬理恵子さん(右)

シイタケを使ったアレンジ料理を完成させた山瀬理恵子さん(右)

菌床シイタケ栽培キット(SANKI)

菌床シイタケ栽培キット(SANKI)

「愛南かき2キロ」(上甲商会)

「愛南かき2キロ」(上甲商会)

 「山瀬理恵子の行ってこ~わい 愛媛食材で愛あるアス飯」は県内20市町制覇に向け着実に回を重ねています。第18弾の食材は砥部町のシイタケ、第19弾は愛南町のカキです。それぞれプレゼントクイズ付き。動画を見て応募。クイズに正解した方の中から抽選で生産者提供の逸品が当たります。各プレゼント情報からご応募ください。本企画は、愛媛新聞朝刊、愛媛新聞ONLINE・アプリ、愛媛CATVの番組が連動。ウイークリーえひめリックにも掲載しています。

 

 

 

【第18弾 砥部町の菌床シイタケ 洋風アレンジ 斬新料理に】

 

 砥部町編では、建設業から異業種参入した菌床シイタケ栽培工場を訪ねました。棚一面に並んだ菌床からにょきにょき生えるシイタケは圧巻。傘が大きく肉厚なシイタケを1本ずつ手作業で収穫する丁寧さに感動。

 

 しいたけピザを披露してくれた生産者からのリクエストは「斬新な料理」。料理研究家の山瀬理恵子さんはシイタケや牛乳、ツナ缶をミキサーでペースト状にした洋風アレンジを提案しました。バゲットやクラッカーにのせてもよし、「牛乳の量を増やせばポタージュやパスタソースにもなる」という万能レシピが完成しました。

 

 番組冒頭では、童心に帰り滑り台に挑戦。でも少し様子がおかしい理由は―? 陽気な生産者との掛け合いも見どころです。

 

 

 

【第18弾・プレゼント情報】

 

 抽選で10人にSANKIの「家庭用菌床シイタケ栽培キット」をプレゼント! 17日午前11時59分締め切り。応募はこちらから。

 

 

 

「愛南かき」の生産現場を訪れた山瀬理恵子さん(左)

「愛南かき」の生産現場を訪れた山瀬理恵子さん(左)

「愛南かき」の生産現場を訪れた山瀬理恵子さん(左)

「愛南かき」の生産現場を訪れた山瀬理恵子さん(左)

【第19弾 愛南町の愛南かき 亜鉛豊富 免疫力アップ】

 

 愛南町編は特産の「愛南かき」が主役。「食べ物の中で一番カキが好き」という山瀬さんは収録を心待ちにしていましたが、ロケ当日は南予一帯が大雪に見舞われ、高速道路の宇和島市以南が通行止めに。タイヤチェーンを付け愛媛最南端の地にたどり着きました。

 

 芯から冷えた体を温めてくれたのは身がぷりぷりの大粒のカキ。御荘湾に面したカキ小屋で焼きがきやかき汁を振る舞ってもらい「濃厚な味で何百個も食べられる」と存分に堪能しました。

 

 カキのうま味を生かしたアレンジでは亜鉛が豊富なカキやカシューナッツ、ビタミンD2を含むシイタケを合わせ、免疫力を引き上げる一皿に。今の時季に心強いレシピに仕上げました。

 

 

 

【第19弾・プレゼント情報】

 

 抽選で5人に上甲商会の「殻付きカキ2キロ詰め合わせ」をプレゼント! 24日午前11時59分締め切り。応募はこちらから。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。