愛媛新聞ONLINE

2021
86日()

新聞購読
新規登録
メニュー

逆襲への布石 愛媛FC新戦力紹介

<3>GK 秋元陽太(33)=前J2町田 厳しい競争で底上げへ

2021年2月12日(金)(愛媛新聞)

 

 かつて愛媛FCで成長を遂げ、他クラブで経験を積んで復帰する選手が多いのが今季の新戦力の特徴だ。強みの一つは、「強いチーム」に何が必要かを知っていることだろう。

 

 2012、13年の守護神・秋元が8年ぶりに戻ってきた。その間ほとんどを過ごした湘南では、J2だった14年に独走状態で優勝とJ1復帰を果たし、18年にはルヴァン杯で初優勝。厳しい競争の中に身を置いた経験は「間違いなく大きかった」と話す。

 

 昨季所属したJ2町田からは契約延長のオファーをもらっていた。だが、新天地に「自分の原点」である愛媛FCを選んだのは、「いい争い」を求めているからだ。定位置が確約されない危機感は「人間を成長させるもの」と歓迎。1対1のセービングだけでなく、J1で鍛えた試合の流れを読む力、精神面の強さを武器に、守護神岡本、若手の辻、加藤との競争を渇望する。

 

 自分にも周囲にも、練習から厳しい目を向ける。「暑苦しいと言われてもいい。自分は結果を求められている。しっかり表現したい」。GK陣全体の底上げが成長につながり、チームに貢献できると信じている。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。