愛媛新聞ONLINE

2021
36日()

新聞購読
新規登録
メニュー

八幡浜でプロジェクト 

技あり!ハモ料理 「骨切り」と7種味わい比較

2021年2月17日(水)(愛媛新聞)

試食会で出されたハモ料理。「骨切り」と「技あり」の技法で作られている

試食会で出されたハモ料理。「骨切り」と「技あり」の技法で作られている

「骨切り」と、新技法「技あり」で作ったハモ料理を食べ比べる参加者

「骨切り」と、新技法「技あり」で作ったハモ料理を食べ比べる参加者

試食会で出されたハモ料理。「骨切り」と「技あり」の技法で作られている

試食会で出されたハモ料理。「骨切り」と「技あり」の技法で作られている

「骨切り」と、新技法「技あり」で作ったハモ料理を食べ比べる参加者

「骨切り」と、新技法「技あり」で作ったハモ料理を食べ比べる参加者

 ハモ下処理の新技法に適した料理は―。「えひめ技あり鱧(はも)プロジェクト」実行委員会はこのほど、八幡浜市内のホテルでハモ料理の食べ比べ試食会を開いた。飲食や水産関係者らが7種の料理で、骨切りをせずに身を取る新技法「技あり」と従来の「骨切り」とを比較。舌触りの違いなどを感じながら料理ごとに好みを選んだ。

 

 下処理技法によって食味が変わるハモの奥深さを広めつつ、新メニューの開発に生かすのが狙い。10日にあり、参加した15人はプロジェクトに加盟するセンチュリーホテルイトー(同市天神通)が作ったフライやすしなどを食べ比べた。味や食感の違いを分析して1品ずつアンケート用紙に感想を記入した。

 

 実行委事務局によると、酢の物やすしなどでは新技法が高い評価を受けた一方、甘酢あん掛けなど骨切りの人気が高い料理もあったという。「ハモそのものを味わう料理は新技法が食べやすい」といった感想のほか、かんきつなど地元特産品を活用する新料理のアイデアも寄せられた。

 

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。