愛媛新聞ONLINE

2021
416日()

新聞購読
新規登録
メニュー

with 愛媛FC

背番号10の活躍 藤本佳希

2021年2月28日(日)(愛媛新聞)

攻守でチームへの貢献を誓う藤本佳希=23日、愛フィールド梅津寺

攻守でチームへの貢献を誓う藤本佳希=23日、愛フィールド梅津寺

 この時期恒例のサッカー専門誌などの順位予想を見ると、愛媛FCの評価は軒並み厳しい。昨季21位の成績を踏まえれば無理もないが、戦前の予想を覆し目標の15位以内を達成するには、エースナンバーを背負う藤本佳希の活躍が欠かせない。

 

 昨年はコンディション不良が続き、まさかの無得点。悔しいシーズンになったが「去年は去年」と意に介さない。23日の練習ではキレのよさを見せており、順調に調整が進めば本来の力は発揮できそうだ。

 

 和泉監督率いる新体制では、前線からアグレッシブに守備をし、手数を掛けずに相手ゴールに迫る。藤本にはゴールを決める役割だけでなく、守備の起点としての運動量やアクションも求められる。「ワントップ次第でゲームが変わる。自分の役割は大きい」と重要性を認識、「前線から攻守にゲームに関わるのは好き。無心でやれる」と歓迎する。

 

 「自分がチームの歯車にかみ合えばゴールもついてくる」と語る表情には自信がにじんだ。逆襲の一年、背番号10が最前線からチームを勝利に導いていく。

 

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。