愛媛新聞ONLINE

2021
511日()

新聞購読
新規登録
メニュー

Bリーグ2部・7日

愛媛OV延長制す 奈良に連勝

2021年3月8日(月)(愛媛新聞)

【愛媛OV―奈良】延長戦、内角でボールをキープする愛媛OV・ステファン=県総合運動公園体育館

【愛媛OV―奈良】延長戦、内角でボールをキープする愛媛OV・ステファン=県総合運動公園体育館

 

【愛媛OV―奈良】延長戦、内角でボールをキープする愛媛OV・ステファン=県総合運動公園体育館

【愛媛OV―奈良】延長戦、内角でボールをキープする愛媛OV・ステファン=県総合運動公園体育館

 

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は7日、県総合運動公園体育館などで7試合を行い、西地区最下位(8位)の愛媛オレンジバイキングス(OV)は同地区7位の奈良に2度の延長の末、118―105で勝利して2連勝を飾った。通算16勝28敗で順位は8位のまま。(観客503人)

 

 序盤から双方譲らず、愛媛OVはフェルプスやエリスのシュートで接戦を演じた。第4クオーター終盤に劣勢となったが、残り2秒、俊野佳のシュートで追い付いた。1度目の延長は追う展開となったが、ステファンのフリースローで同点とし、2度目の延長はステファンやフェルプスらの得点で競り勝った。

 

 次戦は13日午後6時から、名古屋市枇杷島スポーツセンターでFE名古屋と対戦する。

 

 

 

【復帰ステファン 気迫プレー】

 

 2度の延長にもつれる大接戦を制した愛媛OV。選手全員でもぎ取った勝利ではあったが、米国籍のステファンが家族のケアのための一時帰国から復帰し、本来の戦力に戻ったことが一番の勝因だった。

 

 延長時点で、相手の外国人選手は1人だけ。高さで分がある愛媛OVで、最も重要な役割を担ったのがステファンだった。すべてにおいてミスが許されない局面だったが、プレッシャーを感じさせない気迫あふれるプレーでチームを引っ張った。

 

 「とにかく相手の弱いところを突くことを意識した」との言葉通り、高さとパワーには絶対の自信を持ってプレーしていたようで、「コートに出るときには、それまでの状況は考えず、勝つことだけに集中していた」と振り返る。

 

 1月に一時帰国し、今節が約2カ月ぶりのホーム戦。この日は29得点22リバウンドでMVPに選ばれた。会員制交流サイト(SNS)などで多くの励ましのメッセージが届いたといい、ブースター(ファン)に日本語で「ありがとうございました」と何度も頭を下げた。

 

 庄司ヘッドコーチ(HC)は「彼が抜けていた間にもチームは進んできた。本人もストレスを感じているようだ」と2カ月の離脱の影響を指摘しつつも「きょうは全員で助け合う様子が見えた」と評価。ステファンは「完全にフィットするには時間がかかるが、体調はほぼ戻っている。あとはメンタル的にポジティブでいたいと思っている」と言い聞かせるように語った。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。