愛媛新聞ONLINE

2021
511日()

新聞購読
新規登録
メニュー

全国高校選抜ボート

岡山(松山東・Sスカル)V、女子かじ付き4人スカル、ダブルスカルは準優勝

2021年3月29日(月)(愛媛新聞)

男子シングルスカルを制した松山東の岡山凜之(提供写真)

男子シングルスカルを制した松山東の岡山凜之(提供写真)

女子ダブルスカルで2位に入った今治南の三田(左)と横井(提供写真)

女子ダブルスカルで2位に入った今治南の三田(左)と横井(提供写真)

女子かじ付き4人スカルで準優勝した松山東のメンバー(前列、提供写真)

女子かじ付き4人スカルで準優勝した松山東のメンバー(前列、提供写真)

 全国高校選抜大会は28日、各地で行われ、愛媛勢はボート男子シングルスカルで岡山凜之(松山東)が優勝し、体操男子種目別あん馬で浅山侑大(新田)が頂点に立った。

 

 ボートでは、女子はかじ付き4人スカルの松山東、ダブルスカルの今治南が準優勝を飾った。男子はダブルスカルで今治北が4位、宇和島東が6位、かじ付き4人スカルで松山東が8位。女子シングルスカルの八塚彩沙(今治西)は8位だった。

 

 

 

【「楽しんで」力を発揮 ボート岡山】

 

 「チームメートや家族の支えがあって優勝できた」。ボート男子シングルスカルで頂点に立った松山東の岡山凜之は日本一達成を喜び、周囲に感謝した。

 

 課題はスタート。前日の予選は全体トップで通過したが、うまくいっていなかったという。「腹をくくって、決勝は前半から飛ばそうと決めていた」と岡山。スムーズにスピードに乗ると、最後まで先頭を譲らなかった。

 

 U19(19歳以下)日本代表候補に先日内定した大器のモットーは「楽しんでこぐ」。そうした意識が大舞台でも普段通りの力を発揮させた。

 

 身長186センチ、体重86キロの体格から生まれるパワーが最大の持ち味。「世界に通用する選手になりたい」と17歳は展望を描いた。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。