愛媛新聞ONLINE

2021
512日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県内新型コロナ

新たに19人感染 宇和島も警戒を

2021年4月13日(火)(愛媛新聞)

引き続き県内全域で外出や人との接触の機会を減らすよう求めた中村時広知事=13日午後、県庁

引き続き県内全域で外出や人との接触の機会を減らすよう求めた中村時広知事=13日午後、県庁

 県は13日、新たに19人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。既存事例の関連が10人で、新規が9事例9人。県内の感染確認は計1746人で、重症者は1人増え過去最多の8人となった。県庁で臨時会見した中村時広知事は感染確認が続く松山市や新居浜、西条の両市に並び、宇和島市内での感染リスクの高まりに懸念を示し、一層の警戒を呼び掛けた。

 

 県によると、宇和島市では飲食店クラスター(感染者集団)で新たに2人の感染を確認。新規事例1人も判明し、市内に感染リスクが浸透している可能性を指摘している。12日の検査で判明した他の感染者の居住地は松山市6人、新居浜市4人、西条市、内子町が各2人、松前、松野の両町が各1人。松野町では初めて。中村知事は「松山市が減ったように見えるが、経路不明が多くなっており、リスクの高い行動がなくても感染した事例も出ている」とし、引き続き県内全域で外出や人との接触を減らすよう求めた。

 

 変異株検査では新たに29事例が陽性となった。県によると、松山市の繁華街クラスターの端緒が確認された3月20日以降は変異株検査の9割近くが陽性で、全182事例中94事例、陽性者669人中530人(みなし含む)と大半を変異株が占める状況とした。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。