愛媛新聞ONLINE

2021
926日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

春の四国高校野球出場校紹介

聖カタリナ学園高校野球部

2021年4月20日(火)(愛媛新聞)

聖カタリナ学園のエース桜井

聖カタリナ学園のエース桜井

 春季四国地区高校野球大会は24、25両日と5月1日、高松市のレクザムスタジアムなどで行われ、愛媛からは県大会優勝の新田と選抜大会を経験した聖カタリナ学園が出場する。

 

【積極的な打撃を意識 聖カタリナ学園 愛媛2位】

 創部5年で春夏通じ初めての甲子園となった選抜大会は、1回戦で惜敗した。「聖地1勝」をモチベーションに再スタートを切っている。

 「打ち勝つ野球」を掲げるが昨秋の四国大会、選抜大会とも打線は破壊力を欠いた。反撃が遅れた選抜大会の反省を生かし、試合序盤の早いカウントから打って出ることを意識する。

 トップバッターは、甲子園で途中出場ながら2安打した足達が任されそう。3番高岡は体が一回り大きくなり、パワーが増した。力強いスイングが魅力の4番川口には、勝負どころでの一打が期待される。

 エース桜井は切れのいいスライダーが最大の武器で、直球も145キロをマーク。春休み期間中の明徳義塾(高知)との練習試合で3失点完投した。夏に向け、2番手以降の成長は不可欠。四国大会では直球で押す身長184センチの仲田のほか、桃原や井上にも経験を積ませたい。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。