愛媛新聞ONLINE

2021
1024日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

川之江高校野球部

2021年7月2日(金)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【走塁にも力 得点力補う】

 昨年の3年生から受け継いだ「今を大切に」を胸に日々練習に取り組んでいる。鈴木主将を中心に守りからリズムをつくる野球で上位進出を目指す。

 投手陣は昨秋から主戦を務める右サイドの高見に加え、右オーバースローの深川、サウスポーの加地が成長した。遊撃手の鈴木主将も短いイニングを任せられる力がある。それぞれタイプが違い、先発やリリーフで使い分けできる。

 新チーム結成以来の課題だった打線は強い打球が出始めた。小柄だがパンチ力のある坂下やパワーヒッターの石川龍、森実らが練習試合で本塁打を放ち、力を伸ばしている。得点力不足を補うため、走塁にも力を入れてきた。機動力を絡めて相手に圧力をかけたい。

 

◆鈴木琉斗主将◆

 自分たちのプレーで一人でも多くの人を勇気づけられるように、感謝の気持ちを胸に全力で戦いたいと思います。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。