愛媛新聞ONLINE

2021
124日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

松山南高校野球部

2021年7月3日(土)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【投手力安定 打撃も向上】

 近年では投手力が安定しており、ある程度計算が立つのが強み。チーム最高の8強以上を目標に定めている。

 投手陣は3年生の2本柱。エースナンバーを背負う本格派右腕の榎本は調子を上げている。右のスリークオーター横山はシュート回転のくせ球が特長。主戦を巡って競う中で、実力を高め合ってきた。バックは、昨夏も正捕手を務めた松田が引っ張る。二塁手三木、遊撃手大久保、中堅手山田らが中心となる。守備範囲は広くないが、堅実さを心掛ける。

 打撃は冬を越えて力を付けた。小柄ながら強打も放つ山田を先頭に置き、チーム一の長打力を誇る榎本が4番。5番横山、6番首藤の勝負強さにも期待がかかる。

 

◆三木真主将◆

 今年のチームのスローガンは「破」。自身の限界を突破し、技術や人間性を高めるとともに強豪校を破りたいです。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。