愛媛新聞ONLINE

2021
126日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

宇和高校野球部

2021年7月5日(月)(愛媛新聞)

 

【振っているのは?】振っているのはタクトならぬ、弓道で使うカーボン製の矢。投球フォームを意識する=宇和高

【振っているのは?】振っているのはタクトならぬ、弓道で使うカーボン製の矢。投球フォームを意識する=宇和高

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【守りに自信 8強が目標】

 三瓶分校の7人と合わせて選手27人体制。練習試合ができない時期も紅白戦を行うなどして養ってきた実戦力と、広い宇和球場で培った守備力でベスト8を目指す。

 さまざまなタイプの投手陣は打たせて取ることを徹底し5、6人の継投で切り抜ける。背番号1の右腕吉森は変化球に切れがあり、安定感も増した。2年の富永は制球力がいい。バックはセンターラインを中心にまとまり、特に内外野の連係に自信を持っている。

 攻撃は全員のつながりを意識する。パンチ力と高い出塁率が売りの岡田を1番に起用。空振りの少ない兵頭が3番に、右方向にもしっかりとした打球を飛ばせる松本が4番に座る。下位打線の粘りが勝利への鍵となる。

 

◆松本一真主将◆

 本年度から三瓶分校が加わり新生宇和高野球部がスタート。自覚と責任を持ち自分のプレーや役割をやり切ります。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。