愛媛新聞ONLINE

2021
929日()

新聞購読
新規登録
メニュー

「北信越総体2021」24日開幕

インターハイ県選手団が結団式 28競技に584人出場

2021年7月20日(火)(愛媛新聞)

選手宣誓する新田高サッカー部の白石慶次郎副主将(左)=20日、松山北高

選手宣誓する新田高サッカー部の白石慶次郎副主将(左)=20日、松山北高

 24日から北信越を舞台に開かれる全国高校総体(インターハイ)愛媛県選手団の結団式が20日、松山市文京町の松山北高校であり、新田高男子サッカー部の2人が選手を代表して全国での飛躍を誓った。昨年のインターハイは新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止されたため、2年ぶりの開催となる。

 

 結団式は参加人数を制限して実施。選手団長の友沢義弘県高体連会長が「今持っている全てのエネルギーを発揮し、躍動してほしい」と激励し、旗手を務める同部主将の田中藍人選手に団旗を手渡した。

 

 副主将の白石慶次郎選手は「昨年出場できなかった先輩たちの思いを背負い、全国の舞台に立てる幸せをかみ締め、精いっぱいプレーしたい」と宣誓した。

 

 インターハイは福井、新潟、富山、石川、長野を中心に8月24日まで開催。愛媛勢は、28競技に584人(水泳を除く)が出場する。

 

    残り:5文字/全文:367文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。