愛媛新聞ONLINE

2021
924日()

新聞購読
新規登録
メニュー

Eのさかな 俳優・武道家の藤岡弘、さん

[後編]愛媛の魚の美味しさを全国へ!

2021年9月13日(月)(その他)

左から天翔愛(19)、藤岡舞衣(13)、天翔天音(16)、藤岡真威人(17)©SANKIワールドワイド

左から天翔愛(19)、藤岡舞衣(13)、天翔天音(16)、藤岡真威人(17)©SANKIワールドワイド

 「Eのさかな」は愛媛県の魚を中心に食・自然・観光などの文化を全国に紹介していきます。今回は愛媛県久万高原町出身の俳優・武道家の藤岡弘、さんに愛媛の海や魚にまつわる思い出について語っていただきました。

 

 

 

【仮面ライダーでの男の友情】

 

 50年前の1971年4月3日の第1話の放送日は、実は入院中でした。放映前の10話目の撮影中、スタントを使わず全てに自ら挑戦する中でのバイクの事故で、瀕死の重傷を負い、生死をさまよう体験をし再起不能といわれながら大手術を受け、奇跡的に成功。最悪の痛みと苦悩のベッドの中で見たのが、仮面ライダー1号としての自分の勇姿でした。こみ上げる慟哭と嗚咽をこらえ、絶望に打ちひしがれながらリハビリに没頭しました。その後、「本郷猛は、ヨーロッパのショッカーと戦うため、日本を離れた」という設定にして、ライダー2号が登場。2号役を引き受けてくれたのが、劇団NLTで同期だった佐々木剛さん。「藤岡が復帰するまでの代役」という条件で一文字隼人役を引き受けてくれ、今でも親しくしている友人です。

 

 

 

【魚料理は何でも大好き】

 

 魚料理は大好きで何でも食べますね。刺身は勿論、塩焼きも好きです。1つ挙げるとすると煮物かな。ホゴなど地魚の煮付けが特に好きです!母が煮物が得意で煮付けがよく食卓にのぼりました。

 

 基本的に魚は自分でさばきます。今でも釣ったり、魚屋さんで1匹まるごと購入した魚を、子供たちの前でさばいて魚料理をふるまいます。地元愛媛の料理では、じゃこ天が好きで学生時代は毎日必ず食べていました。ある意味、仮面ライダーの強靭さは、瀬戸内海の魚によって育まれたとも思っています。

 

 

 

【夢は家族でハリウッド!】

 

 最近、家族で出演オファーを受けることが多くなってきて子供たちが成長したら、いつか、ファミリーで映画に出演したいですね。私は、かつてUSA映画の主演をきっかけに、現在も全米映画俳優組合の永久会員ですので、家族でハリウッド映画出演が子供たちの夢です。そのためには愛媛の魚を食べて、健康な身体を維持していきたいですね。

 

 「Eのさかな」さんには、これからの未来に向けて海の牧場ともいえる愛媛の水産業を、応援していってほしいですね。

 

 また、子供たちにも魚を食べてもらい健全な心と強靭な肉体を育み、世界に向かって夢を追い羽ばたいてほしいね。

 

 

 

 「Eのさかな」は「さかな文化」を代表とする愛媛の食・暮らし・自然・文化などを取り上げ、分かりやすく情報を発信するフリーペーパーです

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。