愛媛新聞ONLINE

2021
126日()

新聞購読
新規登録
メニュー

東京パラ「刺激的な大会だった」

山口選手が徳永今治市長にメダル獲得の喜び報告

2021年9月29日(水)(愛媛新聞)

今治市スポーツ大賞を受賞した山口尚秀選手(右)=29日午後、今治市役所

今治市スポーツ大賞を受賞した山口尚秀選手(右)=29日午後、今治市役所

徳永繁樹市長から花束を受け取る山口尚秀選手(左)=29日午後、今治市役所

徳永繁樹市長から花束を受け取る山口尚秀選手(左)=29日午後、今治市役所

徳永繁樹市長に金メダルを見せる山口尚秀選手(右)=29日午後、今治市役所

徳永繁樹市長に金メダルを見せる山口尚秀選手(右)=29日午後、今治市役所

 東京パラリンピック競泳男子100メートル平泳ぎ(知的障害)で自身がもつ世界記録を更新して金メダルに輝いた今治市の山口尚秀選手(20)=四国ガス=が29日、同市役所を訪れ、徳永繁樹市長にメダル獲得の喜びを報告した。

 

 市職員らに拍手で迎えられた山口選手は「世界新記録樹立と金メダル獲得の両方ができてよかった。競技のレベルは上がってきており、3年後のパリ大会に向けて積極的に取り組んでいきたい」とあいさつ。徳永市長は「プレッシャーとの戦いだったと思う。ゆっくり休んで、また世界の舞台で頑張ってほしい」と激励した。

 

 山口選手は東京大会を「自分より若い選手もいて追われる立場になっており、刺激的な大会だった」と回顧。「(決勝では)折り返しのターンで一瞬だけほかの選手が見えて、接戦だと思った」と話した。

 

 市は同日、山口選手に「市スポーツ大賞」を贈った。本年度創設した同賞は世界規模の大会で優秀な成績を残した選手が対象で、受賞は山口選手が初めて。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。