愛媛新聞ONLINE

2021
123日()

新聞購読
新規登録
メニュー

Eのさかな

一嘗三嘆 剣先烏賊

2021年11月22日(月)(その他)

剣先烏賊

剣先烏賊

鳥-文字解説

鳥-文字解説

剣先烏賊

剣先烏賊

鳥-文字解説

鳥-文字解説

「Eのさかな」は愛媛県の魚を中心に食・自然・観光などの文化を全国に紹介していきます。

 

 

 

【イカは漢字で「烏賊」どうして?】

 

 イカは漢字で「烏(カラス)」と海賊の「賊」と書きます。どうしてと思ったことはありませんか。

 

 中国の古書「南越志(なんえつし)」に『ある時、水面に浮かんでいるイカを捕らえようとカラスが舞い降りた時に、イカが長い足をカラスの足に絡めて水中に引きずり込んで、カラスを食べた。』との話があり、カラスを食べた賊がイカであったことから、「烏賊」となったとの説があります。一方で、カラスがイカを襲い、イカはカラスの色と同じ真っ黒い墨を吐いて難を逃れたことからイカを襲う賊がカラスであったからとの説もあります。

 

 漢字の「烏(カラス)」は、「鳥」をもとに作られ、四画目の横線がなく一画少ない漢字です。漢字の「鳥」は、鳥の象形文字が由来で、四画目の横線は目を表しているとされます。カラスは全身が真っ黒で目も黒いことから、どこが目か分からないので、「鳥」の目を意味する一本の横線を取り去って「烏」という漢字ができたそうです。嘘のような本当の話。

 

 

 

「Eのさかな」は「さかな文化」を代表とする愛媛の食・暮らし・自然・文化などを取り上げ、分かりやすく情報を発信するフリーペーパーです

 

 

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。