愛媛新聞ONLINE

2022
117日()

新聞購読
新規登録
メニュー

巨大なタカが住む大木イメージ

滝の宮公園の大型複合遊具オープン 新居浜

2022年1月14日(金)(愛媛新聞)

滝の宮公園に新設された大型複合遊具で遊ぶ親子

滝の宮公園に新設された大型複合遊具で遊ぶ親子

 愛媛県新居浜市が再整備を進めている都市公園「滝の宮公園」(同市滝の宮町)の核施設となる大型複合遊具が完成し14日、利用が始まった。当初は2021年9月のオープンを予定していたが、一部遊具の施工不良に伴う再工事の影響で約4カ月遅れた。

 

 遊具は巨大なタカが住む大木をイメージした高さ約11メートルの塔やネット状のアスレチックを組み合わせたデザイン。滑り台やさまざまな種類のはしご、クライミング用の突起も備えている。公園北西の斜面約1600平方メートルに新設され、費用は約9100万円。

 

 午前10時のオープンに合わせて早速利用する子どもの姿が見られ、待ちに待った新遊具で思い切り遊んでいた。長男(2)と訪れた西条市の主婦(31)は「大きな遊具で驚いた。外遊びが大好きなのでまた来たい」と話した。

 

    残り:221文字/全文:563文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。