愛媛新聞ONLINE

2022
118日()

新聞購読
新規登録
メニュー

将来にわたる安定供給のため

松山市の水道料金引き上げを市長に答申 経営審議会

2022年1月14日(金)(愛媛新聞)

松山市の野志克仁市長(右)に、水道料金引き上げが必要との答申書を手渡す市上下水道事業経営審議会の溝上達也会長=14日午前、市役所

松山市の野志克仁市長(右)に、水道料金引き上げが必要との答申書を手渡す市上下水道事業経営審議会の溝上達也会長=14日午前、市役所

 松山市上下水道事業経営審議会(会長・溝上達也松山短期大学長、15人)は14日、「水道施設の耐震化や老朽化に伴う更新などを着実に推進し、将来にわたって安定的に水道水を供給し続けるには、料金値上げはやむを得ない」とする答申をまとめ、野志克仁市長に提出した。試算に基づき12・64%の引き上げ率(平均改定率)を示している。水道料金引き上げが実施されれば2001年以来(消費税増税に伴う引き上げを除く)となる。

 

 審議会の後、市役所で溝上会長が答申書を手渡し、健全経営を維持しながら安全かつ強靱(きょうじん)な水道を次世代に引き継ぐよう求めた。野志市長は「しっかり読ませてもらい、検討し適切に対処したい」と答えた。

 

    残り:484文字/全文:785文字

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。