愛媛新聞ONLINE

2022
75日()

新聞購読
新規登録
メニュー

東大合格者の勉強法とは…? わたしの合格体験記・愛光高編

 

東大の安田講堂=東京都文京区

東大の安田講堂=東京都文京区

 

東大の安田講堂=東京都文京区

東大の安田講堂=東京都文京区

 

 今春、東京大に合格した県内の高校生に聞く「わたしの東大合格体験記」。前編の松山東高編に続き、後編は17人(うち既卒4人)と、今年も県内の高校でトップの東大合格者を輩出した愛光高です。
 勉強のこつや苦手の克服法、モチベーションの保ち方といった受験生活について、2人が答えてくれました。(聞き手・坂本敦志)

田村宙照さん 文科2類
渡邉十萌さん 理科1類

 

東大の安田講堂=東京都文京区

Q 東大を志望した理由は

 田村さん 模試で最初にどの大学を志望するかを書く機会があるんですが、その時にどこにしようかなと思って。やっぱり最初の目標は高くしておいた方がいいかなという感じですね。もし失敗しても他の大学の受験に役立つレベルには達しているだろうというのがありました。それに加えて、東大は学ぶ場所として、一番上の場所ですから、そこで学んでみたいなというのはありました。怖い部分もありますけれど、楽しみだなとずっと思っていました。

 渡邉さん 初めはなんとなくなんですけど、やっぱり東大が日本で一番の大学なので魅力があり、自分よりももっと優秀な学生と出会って、いろいろと高められたらと思いました。もし志望校を変更しても、初めの志望校が東大なら、受験の教科数も多いですし、対応しやすいと思ったことも理由です。

Q どんな勉強をしていましたか。

 渡邉さん 高2の夏まで器械体操を習っていて、週に6日、1日3~4時間くらい練習していました。その頃までは学校の宿題などがメインで、帰ってから短時間で集中して取り組むという感じでした。体操をやめてからは、時間にゆとりができたので、受験に向けてまずは、自分の足りてない知識をインプットして、高3の夏からは過去問の演習を始めました。夏休みはずっと塾にこもって、1日10時間くらいしました。秋くらいから苦手な分野の演習を進めて、共通テスト対策、2次対策という感じです。

 田村さん 僕は塾には行ってません。僕は演習が嫌いなので「要領よく」ということを意識してやっていました。勉強の役に立つYou Tubeやサイトで自分の興味を保ちつつやりました。もちろん学校の勉強はしっかり真面目にこなしつつ、空いた時間を自分のここが足りないというところを、ノートに教科の内容をまとめていくやり方で、教科ごとに体系化してまとめていく感じでした。でも、やっぱり演習量ではどうしても劣ってしまうので、今思えば努力も必要だったなと。後輩たちにはぜひそういうところも考えてもらいたいです(笑)

 

東大に合格した愛光高の渡邉さん、田村さん=松山市衣山5丁目の愛光学園

Q モチベーションはどう維持しましたか

 田村さん 模試は比較的順調でしたが、他の人に追い抜かれてないかなという心配がずっとありました。やっぱり、みんな努力している人たちだし、自分もやらなきゃいけないなという不安はありましたね。演習をどうしようかなと思うときは、先のことを考えました。逆算して、今これやっておかないとまずいとか、後々後悔するなと思うことを、具体的にイメージして取り組むことがモチベーションになりました。

 渡邉さん モチベーションが下がった時は、勉強を頑張っている友達と話をしました。友達が頑張っているのを見たら自分もやらなくてはとなるので、そんな感じでモチベーションを上げていました。あと、結構私の親が心配性で不安になっていたので、自分まで不安になったらみんなが不安だらけになってしまうと思い、今やることに集中しました。模試の結果はいろいろですね。大体「B判定」「C判定」が多かったですね。A判定も取ったことはあるんですけど、最後はB判定でした。でも受かる確率が0%とかではないので、あまり判定は気にしないようにしました。

Q 苦手分野の克服法を教えてください

 渡邉さん 私は徹底的に演習しました。自分が苦手だと思う分野の過去問をさかのぼっていって、ひたすら演習していくと、ある程度のパターンが分かってきます。それで苦手意識をなくすつもりでしていました。全体的に化学が苦手で、あと物理の電磁気が苦手だったので、そこを集中して解いたりしていました。慣れると、苦手意識はなくなりましたね。

 田村さん 僕は数学が全然駄目で、典型的な文系かもしれないです。今も完全に克服したということはく、せいぜい足を引っ張らないくらいです。簡単なところと、東大の難しい問題とを両方できるようにやらないといけないんですが、簡単な問題、基礎的な部分は練習しかありません。先ほど話したまとめる方法も効果ありました。難しい問題については、まず数学に対する嫌悪感をなくそうと思いました。You Tubeに東大や京大の問題解説があるんですが、それをちょっと解いてみて「ああ全然できないな」と思いながら見ていました。そうするとそんな解き方があるのかという発見がありました。順像法や逆像法とか、数学って難しそうで格好いい用語があるんですね。それにテンション上がって(笑)。でもそれで、数学やっていて楽しいというところまでは、ちょっと感じるようになりましたね。

 

田村宙照さん

Q オススメの勉強方法はありますか・・・

    残り:3818文字/全文:4828文字

    この記事は読者会員限定です。会員登録すると続きが読めます。

    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。

    ※2022年3月からSpecial Eに「いいね」ボタンを追加しました。
    ※いいね数が増えると励みになります。

    Myページ

    さん(

    今月の有料記事閲覧可能本数 5/5本

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。