愛媛新聞ONLINE

2022
74日()

新聞購読
新規登録
メニュー

時をかけるCAPY エフナン南海放送ラジオ、ラジオリポーターの50年

 

スタジオでのお披露目に臨むキヤピイ1期生の7人(森田光子さん提供)

スタジオでのお披露目に臨むキヤピイ1期生の7人(森田光子さん提供)

キヤピイカーと宇都宮さん。この車を運転して県内のあちこちを巡っている=2022年4月1日

キヤピイカーと宇都宮さん。この車を運転して県内のあちこちを巡っている=2022年4月1日

 

 

  電波の状態は良好。リハーサルも済ませた。午後3時20分。さあ、中継のスタートだ。「CAPY中継の時間です。今日、宇都宮郁美さんはどちらに行かれてるんでしょうか。郁美さーん」。「はい。きょうはですね、伊予郡松前町にやってきました」

 エフナン南海放送ラジオでおなじみの「CAPY(キヤピイ)」。ラジオリポーター兼ドライバーとして県内のあちこちを訪ね歩き、旬な情報を送り届けている。

 2016年から務める宇都宮さんは、第35代・86人目のCAPY。「選ばれた時にそう言われて『そんなに長く続いているなんて』と重みを感じました」。今年は1972年のCAPY誕生から、ちょうど50年。時計の針を逆回転して、いつもは「キヤピイカー」で駆け回っているCAPYたちの「時」をさかのぼってみる。(坂本敦志)

 

■CAPYの名付け親

 

スタジオでのお披露目に臨むCAPY1期生の7人(森田光子さん提供)

 「南海放送のラジオ部門に“CAPY(キャピー)”と呼ばれる女性ドライバー・キャスターが登場する。無線設備を持った乗用車“キャピーカー”を走らせ、スタジオでの会話か録音だけだった従来の番組に、直接現場からのナマの声を入れようという四国では初、全国でも三番目というユニークな試みだ」(原文ママ、以下引用は同じ)。愛媛新聞の72年4月1日の紙面にこんな記事がある。

 「キャピー・カーには車本体よりも高価な無線が取り付けられ」「水色のツーピースのキャピー二人が乗り込む」「若者たちのあこがれの“カッコイイ”スタイルだ」。力の入った表現からも、注目の取り組みだったことがうかがえる。

 当時、南海放送でプロデューサーだった東川稔さんが振り返る。「テレビ放送が始まり、ラジオを活性化をしないといけないということで企画されました。走る放送局みたいなイメージですね」。最初の募集には100人以上が応募したそうだから、若い女性にとっては憧れの職業のようにまぶしく映ったのだろう。

 

CAPYの名付け親、東川稔さん。CAPYや卒業生の活躍がうれしくたたまらないと目を細める

 「CAPY」の名付け親でもある東川さん。放送局では「パピプペポ」を入れたら印象に残る名前になるといわれており、それを念頭に言葉を組み合わせたそうだ。「キャスターと無線のピーという音の合成でキヤピイ」というのが公式発表だが・・・

【愛媛のラジオ史の一大絵巻。このあとCAPY1期生に当時のお話をうかがいます。そして50年の歴史を引き継ぐ宇都宮さんの思いとは】

    残り:1969文字/全文:2858文字

    この記事は読者会員限定です。会員登録すると続きが読めます。

    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。

    ※2022年3月からSpecial Eに「いいね」ボタンを追加しました。
    ※いいね数が増えると励みになります。

    Myページ

    さん(

    今月の有料記事閲覧可能本数 5/5本

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。