愛媛新聞ONLINE

2022
812日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー
応援メッセージを送る

全国高校野球選手権 愛媛大会54チームの横顔

帝京第五高校野球部

2022年7月1日(金)(愛媛新聞)

 

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

 

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

【強力打線で頂点目指す】

 夏の愛媛大会で準優勝6回の実績がある実力校。強力打線を武器にノーシードから悲願の初優勝を目指す。

 攻撃陣の中心は4番の永田。パンチ力と勝負強さを兼ね備え、頼りになる存在。3番の岩来もパワーがあり、ここ一番の打撃には定評がある。主軸2人の前を打つ打者の出塁がポイントになりそう。打つだけでなく、低めのボールの見極めや機動力を駆使して相手に重圧をかける。

 投手陣は打たせて取る積田、コントロールの良い坂本、気持ちで投げる国方らが競い合う。それぞれ完投能力はあるが、やや安定感に欠けるため、状況によっては継投がある。守備陣は失策が少なく、カバーも徹底している。

 

◆住吉栄祐主将◆

 今年は打撃がとても良いチームです。一戦一戦を全力でプレーし、目標の甲子園出場を達成したいと思います。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7-9月号でも、各チームを特集しています。

    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ