愛媛新聞ONLINE

2022
88日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

四国インターハイ

重量挙げの斉藤(新居浜東)と競歩の長田(松山工)優勝

2022年8月5日(金)(愛媛新聞)

重量挙げ女子45キロ級を制覇した新居浜東の斉藤朱音=5日午後、新居浜市市民体育館(撮影・石川美咲)

重量挙げ女子45キロ級を制覇した新居浜東の斉藤朱音=5日午後、新居浜市市民体育館(撮影・石川美咲)

陸上男子5000メートル競歩で優勝した松山工の長田隼人=5日午後、鳴門ポカリスエットスタジアム(撮影・清家康尊)

陸上男子5000メートル競歩で優勝した松山工の長田隼人=5日午後、鳴門ポカリスエットスタジアム(撮影・清家康尊)

重量挙げ女子45キロ級を制覇した新居浜東の斉藤朱音=5日午後、新居浜市市民体育館(撮影・石川美咲)

重量挙げ女子45キロ級を制覇した新居浜東の斉藤朱音=5日午後、新居浜市市民体育館(撮影・石川美咲)

陸上男子5000メートル競歩で優勝した松山工の長田隼人=5日午後、鳴門ポカリスエットスタジアム(撮影・清家康尊)

陸上男子5000メートル競歩で優勝した松山工の長田隼人=5日午後、鳴門ポカリスエットスタジアム(撮影・清家康尊)

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第9日は5日、新居浜市市民体育館などで行われ、重量挙げ女子45キロ級で新居浜東1年の斉藤朱音がトータル132キロを挙げて優勝した。陸上男子5000メートル競歩は松山工3年の長田隼人が20分52秒49で制した。

 

 斉藤は1回目の試技から安定した強さを発揮し、スナッチとジャークも制し完全制覇。最年少優勝した4月の全日本選手権に続く栄冠をつかんだ。

 

 長田は序盤から先頭集団でレースを進めた。30000メートル過ぎにスパートをかけてトップに躍り出ると、後続の追い上げを振り切ってゴールした。(石川美咲、清家康尊)

 

    ※高校総体の写真特集を順次公開しています。フォトサービスのページはこちら


    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ