愛媛新聞ONLINE

2022
88日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

徳島県

特別展「日本の戦後彫刻」を開催中

2022年8月4日(木) (徳島県)

徳島県
徳島県立近代美術館では、9月4日(日)まで特別展「日本の戦後彫刻」を開催しています。この展覧会は、1950年代から2000年代にかけての日本の戦後彫刻の移り変わりを、57点の作品で紹介するものです。


鈴木実〈家族の肖像〉1981年 相生森林美術館蔵
 日本の戦後美術は、1970年代から80年代頃を境にその様子を大きく変えました。それは、彫刻においては物体としての“もの”と作者の思いを表す“語り”の関係の変化として見ることができます。この展覧会では、「時代を反映した物語」「寡黙な物語」「私の物語」などのコーナーを設け、1950年代から2000年代までの、“もの”と“語り”の様々な関係とその変化をたどります。


植木茂〈トルソ〉1957年 徳島県立近代美術館
 彫刻の鑑賞は、作品という具体的な“もの”を通した作者の“語り”の、身体的な体験といえます。デジタル化していく現代を生きる人々にとって、この展覧会はリアルな美的体験の機会となることでしょう。

深井隆〈逃れゆく思念-遠い風-〉1993年 相生森林美術館蔵
青木千絵〈BODY 08-1〉2008年 徳島県立近代美術館蔵
会場:徳島県立近代美術館
〒770-8070 徳島県徳島市八万町向寺山

会期:令和4年9月4日(日)まで
開館時間:9時30分~17時

休館日:毎週月曜日(8月15日を除く)

観覧料:一般600(480)円/高・大学生450(360)円/小・中学生300(240)円
( )内は20名以上の団体料金。各種減免あり

後援:徳島新聞社、四国放送株式会社、NHK徳島放送局、エフエム徳島、(公財)徳島県文化振興財団

協力:相生森林美術館

関連行事: 展示解説
8月28日(日)14時~15時 展覧会の観覧券が必要です。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、会期や催しが変更・中止となる場合があります。

お問合せ
徳島県立近代美術館
Tel 088-668-1088 Fax088-66-7198
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
情報提供

※この情報は、株式会社PR TIMESにより配信されたニュースリリースであり、その情報発信の責任は、配信企業側に帰属します。

最新:愛媛・四国 プレスリリース一覧

アプリ取得

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

  • iosアプリ
  • androidアプリ