ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

九州~東北の大雨 岐阜県では降り始めから700ミリ超に

2020年7月8日(水)(日本気象協会)

メイン画像

活動が活発な梅雨前線は大雨をもたらし、岐阜県や長野県で記録的な雨の量となりました。雨が小康状態になっても土壌の中には水分が多く含まれるため、引き続き土砂災害に厳重な警戒が必要です。

岐阜県では平年1か月の約1.8倍の雨に

梅雨前線はきょう(8日)午前中に本州付近を南下し、現在は九州の南から四国や本州の南岸にのびています。きょう午後3時現在、奄美地方では強い雨の降っている所がありますが、そのほかの地域では、一旦雨は小康状態となっています。

活動が活発な梅雨前線はきょう昼ごろにかけて、九州から東北にかけて大雨をもたらし、特に岐阜県や長野県では記録的な雨の量となりました。岐阜県下呂市萩原では、降り始め(3日午後1時)からきょう午前11時までの降水量が740.0ミリとなりました。これは7月平年1か月分の降水量の約1.8倍にあたります。また、御嶽山では降り始め(3日正午)からきょう正午までの降水量が870.5ミリとなりました。

さらに、岐阜県では6か所のアメダス地点で48時間降水量が観測史上1位の値を更新しました。

現在は、雨は小康状態となっている所が多いですが、土壌の中には水分が多く含まれます。九州から東北では、引き続き土砂災害に厳重な警戒が必要です。さらには低い土地の浸水や河川の増水・氾濫にも厳重に警戒してください。

(日直主任)

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。