愛媛新聞ONLINE

2021
36日()

新聞購読
新規登録
メニュー

29日~30日 強い寒気 大荒れや大雪の恐れ 猛ふぶきも

2021年1月26日(火)(日本気象協会)

 

メイン画像

29日から30日にかけて、強い寒気が流れ込むでしょう。北海道や東北、北陸から九州北部を中心に、大荒れや大雪の恐れがあります。猛ふぶきや大雪による交通への影響に警戒して下さい。

27日 九州など西から天気回復 北海道では日本海側を中心に雪続く

画像A

27日は、北海道の北と本州の南を、それぞれ低気圧が東へ進むでしょう。

 

午前中を中心に曇りや雨の所が多く、北海道では雪でしょう。午後は、九州など西の地域から次第に晴れる見込みです。ただ、関東の沿岸部では雨が降り続く所があるでしょう。北海道では、次第に寒気が流れ込むため、午後も日本海側を中心に、雪が降りやすい見込みです。

28日 北海道や東北・北陸~九州北部を中心に荒れた天気

画像B

28日は、日本の東から日本の南にかけて、前線が延びるでしょう。朝鮮半島付近の低気圧は、前線を伴って、日本海に進む見込みです。

 

広く曇りや雨で、標高の高い所では、雪になることもあるでしょう。北海道や東北、北陸から九州北部を中心に、次第に風が強まり、荒れた天気になる見込みです。

29日~30日 強い寒気 大荒れや大雪の恐れ

画像C

29日は、低気圧が日本海を発達しながら東へ進み、別の低気圧が、三陸沖を北東へ進むでしょう。日本海の低気圧は、大陸から強い寒気を引き込みます。

 

北海道や東北の太平洋側は、湿った雪が降り、降り方が強まることがあるでしょう。電線への着雪により、停電が発生することも考えられます。懐中電灯や携帯の充電など、備えをしておくとよいでしょう。また、北海道から九州にかけて、日本海から次々に雪雲が流れ込みます。北陸付近を中心に、平地でも発達した雪雲がかかるでしょう。

 

日本海の低気圧は、30日にかけて、北海道付近を通過する見込みです。30日にかけて、日本列島に季節風が吹きつけ、日本海からの雪雲の流れ込みが続くでしょう。北海道や東北、近畿では、雪雲は太平洋側にも流れ込む見込みです。東海にも、雪雲がかかる可能性があります。北海道や東北、北陸から九州北部を中心に、大荒れや大雪になる恐れがあります。大雪や猛ふぶき、吹きだまりによる交通への影響に警戒して下さい。なだれなどにも注意が必要です。

 

 

(白石 圭子)

 

 

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。