ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

地軸

ヘンリー王子引退

2020年1月21日(火)(愛媛新聞)

 センター試験が終わり、大学入試シーズンもいよいよヤマ場を迎える。「水兵リーベ僕の船…」「なんと大きな平城京」。かつて覚えた語呂合わせはいくつ思い出せるだろうか▲

 こうした暗記法は英語圏にもある。歴史や化学、物理とあらゆる分野にわたるのも同様だ。例えば「No Plan Like Yours To Study History Wisely」。これにはノルマン、プランタジネットといった英国の歴代王朝が順番に組み込まれている。最後の「Wisely」が表すのが現在のウインザー朝である▲

 93歳になったエリザベス女王も頭を悩ませたに違いない。もちろん暗記ではなく、孫のヘンリー王子夫妻が今春をめどに王室の公務から退くことについてである▲

 王子の決断の背景にあるとされるのがメディアとの対立だ。幼いころから一挙手一投足を報じられてきたが、メーガン妃との結婚以降、報道が過熱した。自分たちをカメラマンに追われて事故死した母ダイアナ元皇太子妃に重ね合わせたのは十分理解できる▲

 女王らは王子の意向を尊重する一方、一部公務を続けたいとの希望は認めなかった。人気の高い王子だが「半分王族、半分私人」のそれぞれのいいとこどりのように思われては、国民の理解が得られないと判断したのだろう▲

 長い歴史を持つ英王室でも国民の支持なくしては成り立たない時代である。導き出した解答は明快だった。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。