ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
124日()

ログイン
Myページ
MENU

読者の写真 2017年12月

<初冬への移ろい感じる>
 紅葉や秋祭り、霧氷など、晩秋から初冬への移ろいを感じる作品が目立ちました。応募は264点でした。年間最優秀賞も決まりました。年内に紙面で紹介します。1月5~13日に愛媛新聞社本社で「読者の写真ロビー展」を開きます。
(スポーツ・映像報道部副部長・樋口和至)

  • *写真をクリックすると拡大されます
  • *写真転用は厳禁です

1席「龍木の咆哮(ほうこう)」

2席「出発準備完了」

2席「わたしって魔女!?」

3席「妖怪まつりの日」

3席「水溜(た)まりの秋彩」

3席「霧氷の向こうに石鎚山」

佳作「怖いよ~」

佳作「霧流るゝ大洲城」

佳作「晩秋の朝」

佳作「華」

佳作「水鏡の中から『こんにちは』」

奨励賞「錦秋を渡る」

奨励賞「白い帽子」

中川 雅仁(53)松山市

 タイトル通り、流木のシルエットが竜のように見えます。さらに夕日を重ねたことで竜がほえているようにも、口から何かが発射される前のようにも見えます。絵になる流木を見つけ、さまざまなアングルから狙ったそうです。作者の熱意と遊び心が伝わってくる作品です。松山市西垣生町の重信川河口。

安宅 紀之(40)松山市

 望遠レンズの圧縮効果で、滑走路の機体のすぐ後ろに工場があるようです。撮影位置が絶妙で、飛行機が真正面を向いた一瞬と工場がうまく重なり、金属感たっぷりの作品に仕上がっています。松山市南吉田町。

浜本 秀雄(67)愛南町

 宇和島市三間町是能の旧庄屋毛利家で行われるつるし柿作りは写真愛好家の人気行事。竹ぼうきをまたいだ女の子がジャンプした瞬間をうまく捉えています。うれしそうな表情も印象的な作品です。

井上 雄次(65)松山市

 徳島県三好市山城町で開催された第17回妖怪まつりの一場面。大人が見上げるほど大きくてリアルな妖怪が目を引きます。怖がって泣いている子どもの表情から恐怖心が伝わってきます。

白石 信夫(68)宇和島市

 渓谷で見掛けた水たまりでしょうか。水面(みなも)に浮いてぐるぐると回る落ち葉の動きを、スローシャッター(10秒)で撮影しています。赤や黄の彩りが秋らしい作品です。内子町の小田深山渓谷。

柳生 利博(72)新居浜市

 西条市と高知県いの町をまたぐ東黒森山の山頂で見掛けた霧氷と、その先に見える石鎚山。白飛びしないよう巧みに影を生かし、霧氷の凹凸がよくわかります。雲一つない青空も美しく静寂な雰囲気です。

芝崎 静雄(68)松山市

 女の子の表情から叫び声が聞こえてきそうです。お母さんでしょうか、女の子を抱いた女性の笑顔が対照的でほのぼのした作品です。高松市香川町。

上田 勇生(32)大洲市

 大洲市の街明かりが霧で拡散し、幻想的な風景です。大洲市高山から撮影し、大洲城より低い位置に霧が広がる光景を初めて見たそうです。

長谷 由美(52)松山市

 広角レンズで低い位置から撮影して落ち葉を強調しています。人物を入れたことでスケールが分かり、霧が幻想的な雰囲気を演出しています。松山市の高縄山。

道土井 宏(56)松山市

 11月18日、松山市のいよてつ高島屋前で行われた高知・よさこい祭りの強豪チーム「ほにや」の特別演舞。ポーズや視線もそろっています。

皆川 春奈(44)松山市

 水たまりに猫と青空が映っています。不思議な写真ですが、上下を逆さまにして見ると理解できました。視線の先が気になります。

赤松 福実(57)宇和島市

「錦秋を渡る」

菅 玲子(50)今治市

「白い帽子」

年間賞候補と予選通過者

【年間賞候補】 「回す」井上雄次▽「神様の住む海」上田勇生▽「緑側日和」皆川春奈

【予選通過者】 四国中央市=豊田郁夫▽新居浜市=桧垣耕一▽西条市=黒河温子▽今治市=兼井公子、村上香恵▽松山市=上野登志、上原瞳、神谷英男、小池聡之、小泉次郎、別宮省一、中矢周平、二宮ちあき、前田茂穂、山本健太郎▽大洲市=笹田雅代▽内子町=上石富一▽宇和島市=赤松吉気、浅井百樹、清家光江、清家実

バックナンバー(読者会員限定)

月間賞のバックナンバーは読者会員限定です。ログインはこちら。

年間賞

応募のしおり

題材・規定
自由、未発表(二重投稿お断り)で、半年以内に撮影の作品。
大きさはL判(一般プリントサイズ)以上四つ切り程度まで。組み写真も可。
作品裏面に郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、題名、撮影年月日、場所、撮影時の状況を簡単に書いたメモを添付。応募作品は返却しません。
締め切り
毎月25日
送り先
〒790-8511 松山市大手町1丁目 愛媛新聞社編集局「読者の写真」係
審査・発表
愛媛新聞社編集局で審査、翌月の本紙と愛媛新聞ホームページ
一席:1点 2万円、二席:2点 1万円、三席:3点 5000円、佳作:5点 図書カード、奨励賞:数点 図書カード

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。