ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
823日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

読者の写真 2019年8月

<虫や雨の日 上位に並ぶ>
 今年は梅雨入り(6月26日)から梅雨明け(7月24日)が平年より遅くなりました。上位には虫や動物、雨の日に撮影した作品などが選ばれました。応募は少なめの194点でした。次回も期待しています。(スポーツ・映像報道部副部長・樋口和至)

  • *写真をクリックすると拡大されます
  • *写真転用は厳禁です

1席「働きもの」

2席「運勢」

2席「黄昏(たそがれ)の帰り道」

3席「夏模様」

3席「黄色い行列」

3席「まさかの妹勝利!」

佳作「こりゃ涼しい」

佳作「テイク・オフ」

佳作「手」

佳作「宇和島・彩夜」

佳作「あ~あつい」

奨励賞「永遠の愛」

道土井 友子(55)松山市

 ヒマワリの花粉を集めている1匹のミツバチ。後ろ脚に集めた花粉が団子のようになっています。見上げるように狙ったことで浮遊感を強調しながら、被写体が暗くならないように巧みに撮影しています。飛んでいる虫を捉えるのは至難の業。随所に技術の高さが伝わってくる作品です。松山市来住町。

二宮 ちあき(57)松山市

 フサオマキザルが自分の手のひらをじっと見つめています。まるで手相を見ているような光景に思わずシャッターを切ったそうです。猿が何を考えているのか、想像が膨らみます。県立とべ動物園。

皆川 春奈(46)松山市

 夕日でオレンジ色に染まった空と親子のシルエットが水田に映り込んだ味わいのある風景です。上下逆さまにしたことでバランスよく見ることができます。松山市猿川。

菅 初雄(71)西条市

 鉢の中のスイレンを狙いました。水面(みなも)に映り込んだすだれの影が、白と黒のストライプ柄に見えて涼しげです。表面張力で花や葉の周辺は模様に変化がついてユニークです。花が咲くのを待つなど苦労したそうです。

小泉 次郎(71)松山市

 雨の日の通学路。傘を差して歩道橋を歩く集団登校の小学生が途切れることなく一列に連なっているところを、タイミングよく切り取っています。パノラマの画角にぴったりの被写体です。松山市北斎院町。

浜本 秀雄(69)愛南町

 愛南町船越で行われた子ども相撲大会の姉妹対決で、妹が勝利した瞬間です。観客もカメラマンも一斉に口を開けて驚いている様子が面白いですね。勝った女の子の表情もしっかり捉えています。

上田 勇生(34)大洲市

 羽根のない扇風機で涼む女の子。風を受けて気持ちよさそうな表情が印象的です。日常のシャッターチャンスを的確に切り取りました。

中矢 周平(63)松山市

 雨の中、旅客機が離陸する瞬間を狙っています。夜にもかかわらず、ぶれが少なく、流し撮りの手本にしたい一枚です。松山空港。

成松 和司(54)松山市

 何があったのか、見た瞬間どきっとしました。自宅浴室のすりガラスに家族が手を置いています。何かを訴えるアート作品のようにも見えます。

長谷 由美(53)松山市

 大輪の花火と宇和島市の夜景を一枚に収めています。花火の光で赤く染まる煙が一層の美しさを演出しています。

浜田 定樹(46)宇和島市

 空を仰ぐ野球少年。背景には水分補給する選手たちが見えます。少年の表情から気の遠くなるような暑さが伝わってくる作品です。

山内 政博(50)西条市

「永遠の愛」

年間賞候補と予選通過者

【年間賞候補】 なし

【予選通過者】 西条市=高橋敬二、山内久恵▽今治市=村上香恵▽松山市=井上雄次、宮本直美▽東温市=林慶司▽伊予市=小川義史▽砥部町=土居民興▽内子町=上石富一▽八幡浜市=木綱武雄▽宇和島市=白石信夫、樋口裕子、山下金太郎▽愛南町=宮崎茂

バックナンバー(読者会員限定)

月間賞のバックナンバーは読者会員限定です。ログインはこちら。

年間賞

応募のしおり

題材・規定
自由、未発表(二重投稿お断り)で、半年以内に撮影の作品。
大きさはL判(一般プリントサイズ)以上四つ切り程度まで。組み写真も可。
作品裏面に郵便番号、住所、氏名、生年月日、電話番号、題名、撮影年月日、場所、撮影時の状況を簡単に書いたメモを添付。応募作品は返却しません。
締め切り
毎月25日
送り先
〒790-8511 松山市大手町1丁目 愛媛新聞社編集局「読者の写真」係
審査・発表
愛媛新聞社編集局で審査、翌月の本紙と愛媛新聞ホームページ
一席:1点 2万円、二席:2点 1万円、三席:3点 5000円、佳作:5点 図書カード、奨励賞:数点 図書カード

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。