ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
429日()

ログイン
Myページ
MENU

新4こま漫画「ねえ、ぴよちゃん」4月1日スタート

新4こま漫画「ねえ、ぴよちゃん」

わくわくしてほのぼの

4月1日から愛媛新聞朝刊で新しい4こま漫画「ねえ、ぴよちゃん」が始まります。主人公・ぴよちゃんと相棒の猫・又吉(またきち)、優しく見守る家族や元気いっぱいの同級生たちが登場します。わくわくしてほのぼのする、ぴよちゃんワールド。作者の青沼貴子さんも「楽しい気持ちで一日のスタートを切ってもらえる漫画に」と、張り切っています。おもな登場人物を紹介します。

ねぇぴよちゃん題字

第1回
第2回
第3回

個性あふれる登場人物

ぴよちゃん

ぴよちゃん

小学3年生。本名の「花乃ひよこ」は、ひよこ草(ハコベ)から。何ごともポジティブに考え、周囲の人をなごませる。元気のもとは甘い物で、あんこが大好物。

又吉(またきち)

又吉(またきち)

花乃家の飼い猫。ぴよちゃんが生まれたころから大の仲良し。とても賢くて人間の言葉がわかる。

父・草太

父・草太

郊外の家から電車通勤するサラリーマン。ごろ寝したい週末も家族サービスを強いられる。

母・すみれ

母・すみれ

主婦で時々パートをしている。自転車で出かけるのが好きだが、ダイエットは失敗続き。

兄・椰子彦(やしひこ)

兄・椰子彦(やしひこ)

反抗期の中学2年生だが、ぴよちゃんのことはかわいがる。2次元アイドルが好きなことは家族にも内緒。

祖父・セージ

祖父・セージ

ぴよちゃんの家の近くに住む。農作業が好きで、いつもおいしい野菜を作ってくれる。

祖母・かもみ

祖母・かもみ

料理上手で、自分でハーブを育てている。セージも頭が上がらない花乃家のえらい人。

担任・桜川よし子先生

担任・桜川よし子先生

小柄で子どもに間違えられやすいのが悩み。結婚より仕事に燃えるアラサー女子。

同級生・蘭(らん)ひみこ

同級生蘭(らん) ひみこ

たくさん習い事をしている、ひとりっ子のお嬢さま。ぴよちゃんには負けたくないが、兄のいるぴよちゃんが実はうらやましい。

同級生・梅田まさお

同級生梅田まさお

気は優しくて力持ち。おっとりしているが、柔道はとても強い実力派。

同級生・竹内元気

同級生竹内元気

スポーツが得意。男子3人の「松竹梅トリオ」のリーダーだと自分では思っている。

同級生・松崎博士(ひろし)

同級生松崎博士(ひろし)

勉強ができ、模試でも上位。探求心旺盛でネット検索用のタブレットを手放さない。

元気届けられるように作者 青沼貴子さん

青沼貴子さん

 4月1日から朝刊で始まる新1こま漫画「ねえ、ぴよちゃん」の作者、青沼貴子さんは育児漫画「ママはぽよぽよザウルスがお好き」などで知られる漫画家。今回の作品連載への意気込みなどを聞きました。

-「ねえ、ぴよちゃん」は、どんな漫画ですか。主人公のぴよちゃんと又吉のモデルは。

 朝刊を読んで、元気に一日のスタートを切ってもらえる漫画にしたいと思います。ほのぼのしつつ、くすっと笑えるコメディーに。大人が触れ合うと元気をもらえる子どもを描きたい、と浮かんだのがぴよちゃん。息子と娘の小学生時代を思い出すと、何か困ったことがあっても「前向きに考えればいいんだ」と教えられたり、純粋だからこそ言葉の中に真理があったりしました。ですから、ぴよちゃんは2人のいいとこ取り。又吉は、天真らんまんなぴよちゃんに寄り添ってくれる常識人。猫のキャラクターは30年くらい描き続けていて、私の永遠のアイドルなんです。

-漫画家としての青沼さんの原点は。

 父が白土三平さんの漫画をそろえていて、特に少年忍者の美形ぶりに心をつかまれちゃいました。子ども心に「漫画家になる」と決めて、高校卒業後に東京のデザイン専門学校でデッサンを勉強しました。少女漫画誌の賞に応募してデビューしたのが21歳の時です。少女漫画や育児漫画を描いてきましたが、「ママぽよ」以来、エッセー漫画が多かったので、久しぶりのオリジナル漫画の連載にわくわくしてます。「ぴよちゃん」を自分の代表作に加えられるように頑張ります。

-ネタはどんな時に浮かびますか。

 家にいると、どうしても世界が広がらないので、気分転換を兼ねて友達とデパートで買い物をしたり、旅行に行ったり、夫と一緒に美術館へ出かけたりします。何か思い付くと、小さなことでもすぐノートに書きとめるようにしてますね。

-「ママぽよ」の愛読者も多いと思います。登場した2人のお子さんは現在どうしていますか。

 2人とも20代後半になり、それぞれの夢を持ちながら、会社員として頑張っていますよ。今も家族で一緒に住んでいるので、犬と猫の違いはありますが「ぴよちゃん」と同じ家族構成です。自分の経験から、娘には「女性も続けられる仕事を持っていた方がいいよ」と言い聞かせています。

青沼貴子さん

青沼貴子あおぬま・たかこ

1960年、北海道函館市生まれ。

81年デビュー。ベストセラーの育児漫画「ママはぽよぽよザウルスがお好き」はアニメ化もされた。主な作品に「青沼さんちの犬は腹黒だ」など。東京都在住。

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。