1996年 夏の甲子園
決勝 松山商―熊本工

延長十回裏、1死満塁
監督・沢田はライトの選手交代を告げた。直後の初球。快音とともにライトへ

強肩から投じられた白球は、山なりの大きな弧を描き、捕手のミットに

サヨナラを阻んだ
「奇跡のバックホーム」
スタンドは興奮に沸いた

松山商、27年ぶりの頂点
後に采配の真意を聞かれた当時の監督・沢田は…

当時の松山商野球部監督
沢田勝彦

「選手との信頼は、普段の練習の積み重ねによって培われるものだ」

本文を読む